Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
過信
0
    猛暑が続いています。毎日異常な暑さです。私は一年のうちで夏が一番好きです。夏バテ?経験ないです。今までは・・・・。私は暑さに強いと思っていました。ビールは美味しいし、つまみの冷奴や枝豆は定番!ナスを焼いても美味しいし、きゅうり、トマト、夏野菜のおかずは最高!夏が楽しみなぐらいでした。
    今年も猛暑と言いながらも前半は気持ち良く(?)過ごしていました。ところが3日ぐらい前、あまりにも畑の草がのびていて気になりました。朝早くと夕方草取りをしようと思って始めたのですが、草取りって中毒症があるんです。これは草取りをしたことがある人はわかると思いますが、やめられなくなるのです。きれいになっていくので、もう少し、もう少しと続けていくうちに、あたりはとっぷり日が暮れていました。夕方といっても30℃はありましたから、そんな中ずっと草取りをしていたのです。さて(なんか体がおかしいなぁ)と感じたのは次の日です。やたらと眠くてだるい・・・・。朝から眠い、昼も眠い、夜はだるい・・・・。これって、もしかして夏バテ?・・・・。でも、食欲はあるから大丈夫なはず・・・・。何しろ暑いところ遠くから波動塾に来て下さる方のためにも夏バテなんて言っていられない!笑顔で話しかけ、ヒーリングもバッチリ!ちょっときつい時もあるけど、皆さんの顔を見ると逆に元気をもらえます。そして無事に一日が終わるとホッとします。今日あたりもまだ本調子ではありませんが、一日のスケジュールはこなしました。過信はいけない、無理はしない、ビールのガブ飲みはやめる・・・・。いろいろ気ををつけなければならないことが頭をよぎります。畑の草取りも短時間で涼しいうちに!栄養バランスも考えて!自己管理が一番大切!眠い目を擦りながらボウっと考えています。
    posted by: hadojuku | - | 18:04 | comments(0) | - | - | - |
    着物リフォーム
    0
      二日前に古着のことを書きました。今日は着物のリフォームです。先日着物をリフォームしてもらったのが出来上がりました。滋賀県にいる友人から沢山の着物を頂きました。新しい素敵な着物ばかりなので、早速専門家にリフォームをお願いしました。黒い羽織はブラウスに、大島はコートになりました。元が良い布なので、あとは仕立てとデザインですが、さすが専門家!着やすくてデザインも私好みの素敵なものができました。値段も安くして頂き、大満足です。
      私の友人達はみんな着物を持っていますが、処分するにもできなくてタンスの肥やしになっている人が大勢います。「どんなにいい着物でも死んだらゴミになっちゃうからね・・・・。」「生きている間にもう一花咲かせましょう!」気に入った着物でも着なければもったいない、というわけでチュニックやパンツ、ブラウス、コートに変身です。着物の時とまったく違った雰囲気で、「派手かな?」と思った柄もなかなかいける!着物リフォームにはまりそうです。私にリフォームの腕があれば良いのですが、そこは欲ばらずに専門家にお願いしましょう。何しろ良い着物だから私がジョギジョギハサミでもいれようものなら取り返しがつかなくなりますから(苦笑)。
      活かすも殺すも自分次第!物は大切に!です。はい!
      posted by: hadojuku | - | 18:04 | comments(0) | - | - | - |
      前夜の祝杯
      0
        西日本の豪雨の前夜、祝杯をあげていた安倍首相、自民党議員がひんしゅくをかっていますが、安倍首相は昨日「災害対策には何の問題もなかった」としゃあしゃあと述べていました。この猛暑の中、被災地の方々はどんなに不便な生活環境されているか。改めて水道から水がでる有りがたさを思いました。ルポライターの鎌田慧氏のコラムをシェアします。
        「サッカーW杯決勝戦の高揚もあって、もう忘れられているかもしれない。が、わたしはまだ七人一挙死刑断行にこだわっている。七にとどまって十三人全員でなかったのは、それではジェノサイド、国際世論に反する、との意見もあったからとか。七人でも大量処刑に変わりはない。
        死刑執行命令書に署名した上川陽子法相が、処刑前夜の五日、東京赤坂議員宿舎のパーティーで安倍首相のそばで、にこやかに笑いながら親指を立てていた。明朝七人が絞首台からぶら下がると知らない訳はない。
        死刑執行命令書へのサインを拒んで、任期を全うする法相は過去何人かいた。拒否しなかったにせよ、サインした法相は自分達指をみつめ、死者の冥福を祈っている、と想像したりしていたがそれは感傷にすぎない。
        百七年前の一月、大逆事件で二十四名の死刑判決(十二人は減刑)を出したあと、「法官等は横田大審院長の室に集まり三鞭(シャンパン)の盃を挙げ書記給仕に至る迄茶菓の饗応を受けたり」とは、「東京朝日新聞」松崎天民記者のスクープである。今は首相の取り巻き議員が、自慢げにツイッターに投稿する。
        なにがあっても世の中変わらない、もやもやして苛立たしい。未来もよく見えない。その閉塞感と悪いやつはきっぱり抹殺する快哉(かいさい)が、つながっているなら、怖い世の中だ。」
        posted by: hadojuku | - | 17:43 | comments(0) | - | - | - |
        古着
        0
          私の友人が素敵な服を着ていました。センスよく彼女にはピッタリです。着こなしが上手い!お洒落服で彼女によく似合っています。時々素敵な服を着ている彼女に聞いたところ、みんな古着屋で調達しているとのこと。フ〜ン!そうか、古着ね・・・・。また、よく波動塾にみえる年配のOさんはバザーで掘り出し物を見つけるのが上手いとか・・・・。「このベスト、最後は10円になったから買ったのよ。」「ヘエ〜!とても10円には見えないねー!すごいお買い得だね。」
          皆さん、ネットやバザー、古着屋をうまく利用してお洒落を楽しんでいるようです。それはそれでけっこう!素敵です。ところが実は私、古着がダメなんです。別に古着を見下しているわけでもなく、お高くとまっているわけでもありません。前に一度だけ古着屋で気に入った服を買ったことがあるのです。ずっと前のことです。別に痛んでいたわけでもシミがあったわけでもないのですが、着ているあいだ何か落ち着かない、何か別人になってしまったようなのです。急に悲しくなったり情緒が不安定になったり・・・・。なんで?・・・・もしかしてこの服のせい?脱ぐと元の自分に返るのです。
          私は霊感が強い方ではありませんが、それ以来古着はダメになりました。元所有者が知っている人だったら全然問題ありません。先日も知人から頂きましたが、着心地良く着させてもらっています。誰のかわからない服がダメみたいです。トホホ・・・・。だから古着屋はそれ以来一度も行っていません。
          ただ、子どもたちはお古で育てました。だいたい子ども服は一年もすれば着られなくなるし、傷みもはやい。だから子ども服はお古が重宝しました。
          古着ではありませんが、前に着物を沢山頂き、それのリフォームが出来上がりました。そのことはあとで書きますが、素敵な素敵な洋服ができました。こちらは着れば着るほど豊かな気持ちになるから不思議です。再利用やリフォーム、出来る範囲でビシビシやっていますよ。
          posted by: hadojuku | - | 16:10 | comments(0) | - | - | - |
          耐えられない軽さ
          0
            今だに行方不明者が見つからない西日本豪雨の被災地。猛暑のなか復興活動が続きますが、長期戦になることは避けられないでしょう。政治は法案より支援に全力をあげるべきです。
            今日は法政大学教授の山口二郎氏の耐えられない思いをシェアします。
            「西日本を襲った大水害は、我が国の政治の底知れぬ堕落をもあぶり出している。
            7月5日夜、気象庁が今までに経験したことのない集中豪雨について警告を発しているさなかに、総理大臣、防衛大臣、官房副長官が大勢の自民党議員と議員宿舎で酒宴を催した。多くの議員がこの宴会の写真を会員制交流サイト(SNS)にあげた。
            この件について官房副長官は国会で野党議員から追及され、謝罪し、情報発信には今後気を付けると述べたとNHKニュースは報じた。百人以上の人命を奪う大災害が起ころとしている時に危機管理の責任者が能天気に酒宴を催したことを反省するのではなく、情報発信について反省しているとはどういうことか。指導者の軽さには耐えられない思いである。
            おそらく、安倍首相の最大の関心事は九月の自民党総裁選挙で三戦を果たすことであろう。そのために、自民党の議員を手なずけ、パリ祭の行事に参加する可能性を最後まで追求した。
            虚偽、捏造の内閣は、国民の生命に対する責任感まで捨て去った。このことに国民が怒らないならば、危機感を持たないならば、日本は安倍政権もろとも滅びの道を進むしかない。山体の崩壊は、政治の崩壊を暗示している。異常事態だけでなく、政治は劣化に対しても緊急警報を鳴らすべき時である。」
            posted by: hadojuku | - | 20:32 | comments(0) | - | - | - |