Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
合掌
0
    明け方夢を見ました。昨夜亡くなった三保子さんの夢でした。三保子さんは去年の10月ぐらいから体調を崩され入院していましたが、今年になり自宅に引き取られました。自分の手で介護したいという娘さんの思いからでした。その娘さんこそ、私と10年以上ボランティアコンサートをご一緒している素敵な友、壽恵ちゃんなのです。
    夢の中での三保子さんは生きている時と同じ穏やかな顔をしていました。
    三保子さんの状態はとても悪かったのですが、いつも穏やかで、苦しそうな顔はほとんどしていませんでした。それは壽恵ちゃんのおかげだと私は思っています。介護していた壽恵ちゃんから私はいつもある種の感動を頂いていました。母は娘に、娘は母に、それぞれの思いを感謝として伝えていたのです。ハッキリしゃべることができなかった三保子さんですが、壽恵ちゃんはいつもその思いをキャッチし、母親の望む介護をしていました。母は娘のために生きたい、娘は母に元気になってもらいたいと二人三脚のような、互いに高め合う最後の日々を送っていました。
    すぐに亡くなってもおかしくなかった三保子さんが自宅に引き取られてから105日も生きたのは、壽恵ちゃんの真心ゆえの結果です。
    三保子さん、最愛の家族に囲まれて本当に良い旅立ちでしたね。傍に居させて頂いた私も幸せでした。
    そして、壽恵ちゃん、よく頑張ったね。あなたの頑張りは感動的でした。私はあなたの体調がいつも気になっていました。最後に三保子さんが息を引き取る時、一度止まった呼吸が再び動き、「ありがとう」と言ったのを私は確かに見ました。それは壽恵ちゃんに捧げた最後の感謝の言葉でしたよ。
    素晴らしい時間を私にも下さってありがとうございました。
    落ち着いたら、また三保子さんが好きだった音楽、ボランティアコンサートを再開しましょうね。
    三保子さんのご冥福をお祈りします。
    合掌
    posted by: hadojuku | - | 20:04 | comments(0) | - | - | - |
    スキルアップ
    0
      一年ごとに、自分はどれくらい成長したか自己診断をしています。一年前より勉強したか、新しいことに挑戦したか、実行したか、本はどのくらい読んだか・・・・等々、自己採点は甘いですが、それでも一年前より何か変化があらればオッケー!自分で自分を誉められるようにスキルアップするには楽しんでやることが一番です。
      続くこつは好奇心をもつことと自分にブロックをかけないことです。もう歳だから、時間がないから・・・・、できない理由は探せばいくらでもでてきます。本気になればほとんどのことはできます。ただ、無理はしない。無理は続きません。
      先日、ある勉強会に行ったら10年前と同じ内容だったのでビックリしました。宇宙は成生発展をしています。昨日と同じものはないのです。老化も含め、刻々と変化しているのがこの世の常です。
      自己採点は甘くてかまわないので、一年前より成長した自分を誉められるようにスキルアップすることが若返りにもつながります。一年前より楽しく毎日を送った、一年前よりよく笑った、でもいいと思いますよ。とにかく一つでも誉められるところを探すだけで、今後の人生がよくなること間違いなしです!
































































































      posted by: hadojuku | - | 21:41 | comments(0) | - | - | - |
      いとこ会
      0
        私の母は兄弟が多いので、私にはいとこが沢山います。20人以上はいるんですよ!30代から60代まで、それはそれはバラエティーに富んだいとこたちです(笑)。沢山のいとこがいるにも関わらず、なかなか会う機会がありません。冠婚葬祭ぐらいでしょうか・・・・。
        そこで、このたび80歳になる叔父さんの計らいで、初めて“いとこ会”なるものをやりました。場所は一橋の「如水会館」です。
        40年以上も会っていない、いとこたちに会うのは感激と楽しみと驚きとワクワクと・・・・。なんてったって20人以上いるのですから、クラス会並みです。
        しばらく会っていないとはいえ、やはり血は争えない!幼いころ遊んだり思い出話に花が咲き、時間が経つのを忘れるほどでした。いや〜!楽しかった!これから毎年やろうということになり、その場で来年の幹事も決まりました。
        学校のクラス会もそうですが、年をとると昔の人に会いたくなるものです。クラス会でも、何十年ぶりに会ったクラスメートも違和感がまったくないし、懐かしくて懐かしくてみんな友達のまま。姿形は変わってもね(笑)。いとこたちも同じ。みんなとても仲良しで盛り上がりました。
        これからは、楽しかった思い出だけでなく、新しい思い出も沢山つくりましょう。みんな、みんな財産だから・・・・。
        来年が待ち遠しいいとこ会です!
        posted by: hadojuku | - | 20:44 | comments(0) | - | - | - |
        あずき
        0
          ビックリすることや面白いことが続いています。

          先日も書きましたか、下田さんからさやいんげんを頂いたこと。小さなことですが、あのタイミングには驚きました。ましてや欲しくて噂をしていた時です。
          そして昨日は、またまた嬉しいことがありました。二日前におはぎを沢山作って波動塾に来た人たちと食べました。初めてあずきを煮ましたが、あずきを2袋使いました。昨日Kさんから頂いたものを見てビックリ!あずきの大袋だったのです。Kさんはおはぎのこともあずきのことも知らないのに、なんというタイミング!みんなにご馳走したらちゃんとかえってきました。
          そして、そして今日は本当にビックリすることがありました。知人の小田さんからお誘いがあり、インド聖者のサイマーさんからダルジャン(サンスクリット語で眼差し)を注がれ、祝福を受ける儀式に呼んで頂いたのです。それはそれは高貴な儀式でした。サイマーさんの暖かいダルジャンを受けることができたこの機会も私に何かをもたらす意味があったのは言うまでもありません。
          サイマーさんが登場する時に崇高な音楽が流れたのですが、どこかで聞いたことがあるような・・・・。ハッとして聞いていると、四人の奏者のうちの一人はノブさんで、もう一人はさとううさぶろうさんだったのです。ノブさんは先月増川先生のところでお会いしたオーストラリアの原住民アボリジニの演奏をする方で、私はその音楽に魅せられて、早速CDを買って毎日聞いていたのです。さとううさぶろうさんは、私の大好きなうさとの服のデザイナーです。お二人が演奏されていてビックリ!ダルジャンのこともよく知らずに参加させてもらったのですが、ここでつながるとは・・・・。感動的でした。
          今、10年くらい前に買った私のバイブル「ヒマラヤ聖者の生活探求」の本と、それとはまったく分野の違う本を同時に読んでいますが驚くことに内容がとてもよく似ていて、ビックリしました。10年前は気がつかなかったことがビシビシハートに入ってくるのです。あるひとつの方向に引っ張られているというか、私の中で何かか大きく変わりかけているのがわかります。
          さやいんげん、あずき、ダルジャン、ノブさん、うさぶろうさん、そして読んでいる本・・・・。
          明日はどんなことが起きるかしら・・・・。そうそう、明日はシンギング・リンの日です。きっと私にふさわしい何かが起きるに違いありません。楽しみな明日に祝福です!
          posted by: hadojuku | - | 19:08 | comments(0) | - | - | - |
          ごめんなさい
          0
            10年ぐらい前に我が家の狭い庭にビワの木を植えました。実をつけてくれたり、葉っぱで染色をしたり、お酒を作ったりと大活躍のビワでした。ビワは成長が早く、あっという間に大きくなりました。狭い庭が暗くなってしまったので思いきって剪定することにしました。もちろん私が切ります。思いきりバサバサ切ってさっぱり!庭が明るくなり私はルンルンでした。
            2〜3日前から臀部から太もものあたりがチクチクするのです。神経痛?いや、違う。痛みと痒み、虫さされ?いや、違う。しかも左足だけ・・・・。日中は大丈夫なのですが、夜になると痒い!リンパセラピーで使っているジェルを塗りたくって様子をみることにしました。痛み痒みは続きます。
            昨日、フッと気がついたことがありました。そうだ!ビワの木を切る時、ビワにお伺いをたてなかったなぁ。切った後もお詫びやお礼を言ってないわー。自分が好きで植えたのに、ビワだって大きくなりたくて、しかも沢山実をつけてくれたのに・・・・。大変だー!
            もう夜でしたが、私は庭に出て、ビワの木にお詫びをしました。前は剪定する時はお酒やお塩をまいていたのに、今回は何もせずにいきなり切ってしまいました。ビワの木はかなりビックリしたでしょうね。いきなりギーコギーコですもの。「ごめんなさい・・・・」
            もちろんこれで、この痛みや痒みから逃れるとは思っていません。ただ気づかせてもらったので、やはり感謝です。
            あたっている、間違っているではなく、気づかせて頂いたことに意味があるのです。
            いつよくなるかわかりませんが、しばらくはこの痒みを味わいましょう。また違うことを気づかせてもらうかもしれませんし・・・・。
            とにかく「ごめんなさい」です。
            posted by: hadojuku | - | 14:13 | comments(0) | - | - | - |