Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
芋づる
0
    先日「芋がら」ずいきのことを書きました。そのずいきが波動塾にいらしたおばあちゃん達との話題にのぼりました。私が「里芋の茎を食べるなんてすごいよね!」と言ったところ、「戦争中は茎だけでなくツルも食べたわよ。根っこも食べた!」「エー!」
    3人のおばあちゃん達は皆さん小学校の低学年で山梨や新潟にいたそうです。
    「長岡の空襲はひどかった」「甲府も沢山B29が来た」食べ物がなくていつもお腹がすいていたこと。食べられそうな物は何でも食べたこと。特に芋類はよく食べたとおっしゃっていました。虫も昆虫も食べたそうです。そういえばイナゴや蜂の子はその名残でしょうか?今でも食べますね!私も食べたことあります。
    私が子供のころ、まんじゅうが一つ机を上に転がっているのを見て、母が「戦争中はどこ探してもこんなことはなかった」と寂しそうな顔をして言ったのを今でもハッキリ覚えています。芋がらで驚いてはいけない!ツルや根っこまで食べた時代があったのです。
    地球もポールシフトに入っています。氷河期もきて、やがては食糧がなくなり、食糧戦争やエネルギー戦争が起きます。そんな時、道端の草でも食べて生き延びるぐらいのタフさがないと生きていけません。
    私は薬草茶をよく作るので、植物の本をけっこう持っていますが、ほとんどの草が食べられます。物を大切にする意味でも道端の草を大切にして食べてみるのもいいかな・・・・。(私はやっていますが)
    芋がら、芋ヅル、根っこ、葉っぱ・・・・。私達のまわりには大切なものが沢山あるのに粗末にしていませんか?・・・・
    posted by: hadojuku | - | 17:26 | comments(0) | - | - | - |