Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
よく理解することが大事
0
    知人に憲法改正について聞いてみると、あまりよくわかっていない人が沢山いて驚きます。
    安倍首相は9条の1、2項はそのままにし3項に自衛隊を明記する「加憲」を提案していますが、その自衛隊の“明記”がわかっていない人が多いのです。国民が支持している自衛隊は災害救援の自衛隊、海外に行っても人殺しをしない自衛隊です。しかし、自衛隊という軍事組織が合憲化されると9条の「武力によらない平和」が「武力による平和」となります。どういうことかというと、自衛隊という軍事組織が合憲化されると、軍法、軍法会議が容認されます。戦争法の強行で、集団的自衛権を行使できる自衛隊、アメリカと一緒に海外で戦争する自衛隊を明記することになるのです。日本会議系の「美しい日本の憲法をつくる国民の会」などは「ありがとう自衛権」「自衛権を憲法に明記しよう」と銘打って、その背景に災害救援活動に取り組む自衛権の姿を描いたチラシを作成して署名を呼びかけています。災害救援活動をするのは自衛権を認めさせるためで、明記するということは、救援活動ではなく、軍隊として認めさせるためで、これは武力につながります。
    1項、2項があっても新しい項を優先させるので、自衛権が明記させられると、1項2項は死項になってしまいます。
    言葉巧みに自衛権の存在を認めさせようと災害救援する自衛権を持ち出しますが明記は軍隊として、ということをよく理解しないといけません。
    今年中に発議を行うでしょう。私達国民はその明記させられ内容をよく理解しないと日本を戦争のできる国にしてしまいます。
    posted by: hadojuku | - | 20:24 | comments(0) | - | - | - |