Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
パワハラ・
0
    昨日に続き、これもパワハラ?を書きます。今から20〜30年はスポーツ界での暴力は黙認されていました。
    暴力ではないのですが、コーチのやり方が気にくわなくて、私は息子が入っていたサッカーチームをやめさせました。小学生を集めた町のサッカーチームでしたが、コーチが勝つことばかり優先して、下手な子を試合に出さないのです。二軍の試合でさえも上手い子ばかり出すし、大量に勝っている試合でさえも上手い子しか出さない。朝早くから試合場に行っている子供達のために5分でも10分でも出してほしい!親だってお茶当番で参加しているのですから、子供のサッカー姿を見たい・・・。
    ある日、とうとう我慢できなくなった私は、監督宛に手紙を書きました。「下手な子をうまくするのも監督の役目じゃないのですか?」と・・・。
    今思えば、あれもパワハラだったと思います。試合の楽しみも知らないで、サッカーが嫌いになってしまう子供がいたとしたら、監督、コーチの責任です。上手くさせるのはもちろん、その中で礼儀や思いやり、チームワークなどを学び、人間性を磨くことが少年サッカーの目的だと思います。
    スポーツは、勝負を追及するものなので、パワハラが起きやすいですが、本来の目的を見失っては意味をなさないでしょう。
    息子を通して、親も学びました。
    posted by: hadojuku | - | 11:51 | comments(0) | - | - | - |