Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
麻の魅力
0
    縄文の布と言われている布があります。新潟県の十日市や津南町に伝わる布です。縄文の布とはいったいどんな繊維なのでしょうか?
    それはやっぱり麻なのです。「アンギン」と呼ばれるその布で縄文人は繊維を織っていたようです。
    麻と日本人の歴史は古く、自然や神とつながっていた日本人は麻の力、魅力を知っていたのです。神社のしめ縄やお相撲さんの化粧回し、また、電磁波よけ(雷をさけるカヤ)などは麻からできています。麻を草木染めで作った洋服を私は何着が持っていますが、着心地が良いだけでなく、着ているだけで元気になります。私は麻ヒモもいつも首から下げていますし、麻のお香も炊きます。また、私の部屋には麻で織ってある一輪挿しのオブジェがあります。麻のゴワゴワ感やシワが好きなので、シワだらけの服でも着ています。
    まだ「アンギン」にはお目にかかったことはありませんが、ぜひ新潟に行って実物を見たいと思っています。こうした古布を研究している方がいて、縄文から弥生時代、幕末や明治の「アンギン」が工夫され残っているということは大変貴重で有難いことです。
    麻の魅力を伝えるとともに、古布研究家の方たちと交流していきたいと願いは広がるばかりです。
    posted by: hadojuku | - | 10:49 | comments(0) | - | - | - |