Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
王様は裸だ
0
    自民党の中でもゆれている憲法改正。国民の半数以上が反対しています。安倍総理は憲法改正に意欲的ですが、「本当はやる気ないのでは?」そう言ったのは田原総一郎氏です。強引に改憲をすれば自民党は分裂するし、国民も離れていきます。ただ、自分を応援している日本会議や櫻井よし子を裏切れないから改憲と言っているのでは?ホントかな〜?
    それでは辛口のコメントを!お馴染みの山口二郎法政大学教授です。

    「自民党総裁選挙では、石破茂氏が地方の党員票で安倍首相に肉薄した。この選挙の有権者は一般の有権者ではなく、自民党の党員、党友、つまり安倍首相の身内である。しかし、政治に対して強い関心をもつ人々である。そうした有権者の中で、安倍首相に対する評価が二分されていることが明らかになった。これは、今後の政治に大きな影響を持つ。
    選挙戦の中で、安倍、石破両氏はテレビのニュース番組で数回対論した。安倍首相は森友、加計疑惑に関する質問にまともに答えず、ゴルフを一緒にするのが悪いのなら、将棋やテニスはいいのかなどと、頓珍漢な答えをした。自民党の杉田水脈議員によるLGBTの人々に対する差別的な論文について、自民党にはいろいろな考えがあると、事実上擁護した。安倍首相が理性的議論の能力を持たず、人間の尊厳にも無関心であることが露呈した。
    世論調査で安倍政権を支持しない人々があげる理由のうち、「首相の人柄が信頼できない」が多い。一連の首相の発言は、それを裏書きした。今回の総裁選で、自民党員の多くが、王様は裸だという意思表示をしたのである。
    これから問われるのは、メディアの姿勢である。裸の王様に遠慮は不要である。首相が改憲に意欲を示す今、メディアのチェック機能は特に重要である。」
    posted by: hadojuku | - | 21:37 | comments(0) | - | - | - |