Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
医学部の面接試験
0
    医学部の入試に不正があいついで発覚しています。女性や浪人生に不利な入試は即刻中止にし、公正をはかるべきです。順天堂大学医学部の会見にはあきれました。今日は看護師の宮子あずささんのコラムから。

    「順天堂大学医学部は、男性優遇の不正入試について、仰天の会見をした。「18歳時点での女子は男子より精神年齢が高くコミュニケーション能力が高い」ため、面接点が高くなる。そのため、点数を「補正」して不利な男子を救済したのだという。
    差別を正当化する理由などなく、言い訳としてもお粗末。さらに気になるのは、こうした言動の背景に、面接の軽視が垣間見えることだ。
    私は、コミュニケーション能力に問題がある人は、医師にならないでほしいと思う。面接に限界があるとしても、少し話しただけでおかしな人は落とせるはず。そのくらいおかしな人が、臨床にはけっこういる。
    真っ先に思いつくのは、当時面接のなかった国立大学出身の男性研修医。彼は、挨拶以外の会話ができない人だった。ある時黒い髪を金髪に染め、周囲をあせんとさせた。指導医から「金髪はだめ」と注意された彼は翌日真っ赤な髪で出勤。「黒い髪に」と再度注意され、ようやく彼の髪は黒に戻った。
    驚くべきことに、彼に悪意はまるでなかった。ただ、抽象的な表現が理解できなかったのだ。
    彼の出身大学は現在、入試で面接試験を実施している。まともな人が面接すれば、彼は合格しなかったと思う。面接は大事。点数が低い人を加点してまで入れるべきではない。」
    posted by: hadojuku | - | 10:53 | comments(0) | - | - | - |