Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
今年も献血
0
    昨日は今年初の献血に行きました。昨年最後にやったのが12月21日でしたから、1ヶ月以内に来られて良かったです。
    献血ルームの方達とは顔見知りなので「お正月はどう過ごされましたか?」とか「今年も宜しくお願いします」などと声をかけられて、私も懐かしく嬉しかった!
    献血には賛否両論ありますが、私の知人や義母が今まで何度か輸血のお世話になっているのでせめてもの恩返しです。
    輸血を一番必要とするのは、交通事故などの突発事故ではなく、実はガンなのです。
    ガンの末期になると自分で血液がつくれなくなり、輸血をすることが多いのです。私の知人も何人も輸血のお世話になりました。一時的ですが、顔色がよくなり元気を取り戻したり、食欲がでたり、動けるようになります。そんな人達を見ているので、少しでも役に立てればと思い、献血を続けています。
    冬は献血する人が少なくPRも盛んです。これからは若い人が減り、高齢者が増えるので献血も至難の時がくるでしょう。人口血液などが登場する時代がくるかもしれません。しかし、一応はA、B、O、AB型と分かれている血液も中味は複雑で(同じ人でもその日その日で血液が違う)人口血液の研究は相当難しいと思います。
    今の献血ルームはきれいな所が多く、40年前を知っている私としては雲泥の差です。私の若かったころは献血手帳で日にちをスタンプで押してくれました。今は予約もカード番号を入れるとすぐとれるし、献血ルームもきれいで充実しています。若い人がもっと関心をもってくれるといいのですが、元気な高齢者を増やし、献血年齢を引き上げることも必要かもしれません。
    高齢化社会でいろいろな問題がありますが、献血にもあらわれています。
    posted by: hadojuku | - | 07:55 | comments(0) | - | - | - |