Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
あの県民投票は何だったのだろう
0
    辺野古の新基地建設をめぐる県民投票で7割強が反対しました。しかし、埋め立ては進んでいます。安倍首相は言いました。「この結果を真摯に受けとめる」と・・・・。またまた安倍さんらしいパフォーマンスです。「国の名で地域の個性をつぶしてはならないというのが、人権や地方自治の本質に根差した憲法常識である」と小林節慶応大学名誉教授もおっしゃいます。それだけでなく、憲法九五条は、特定の自治体に適用される特別法は、その自治体の住民投票で過半数の同意を得なければならないと定めています。国策であっても、特定の地域に負担を強いる法律の制定には地域住民の同意が必要で、住民に拒否権があるというのが法意です。幸福追及権を擁護するための九五条の拡大解釈は何の問題もありません。日本はアメリカの植民地だから仕方ないと私は本気で思いながらも、やはり声をあげなくてはと思っています。いつまでアメリカの「ポチ」でいるのかしら!今日の参議院予算委員会で立憲民主党の福山議員が辺野古の問題を追及していましたが、安倍首相はじめ大臣達の答弁は全く納得できませんでした。本土の人達も頑張って声をあげましょう!
    東京新聞の時事川柳を一句。「いと重き沖縄の声 足蹴する」
    posted by: hadojuku | - | 15:52 | comments(0) | - | - | - |