Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
責任について
0
    3月11日は各地で大震災の追悼式が行われました。復興五輪には違和感あり、と話す被災地の方々の声が印象的でした。
    ルポライターの鎌田慧さんのコラムから。

    「「復興は確実に進んでいる」。3、11大震災から八年目菅官房長官談話だが、この後「復興五輪」への拍車をかけるのだろうか。悲しみと怒りと苦しみが始まったのは、地震と津波の被災だけではなく、翌日からの原発事故によったのは言うまでもない。復興どころか、まだ膨大な地域が立ち入り禁止で、手つかずのままだ。
    日曜日。都内でいくつかの3、11集会が開かれ、私も二つに参加して、事故責任について話した。避難者は四十七万人。冬の寒い時期だった。もちろん、原発だけの責任ではない。しかし、入院先から放射能に追われて、緊急避難した六十人以上が死亡した。それを思うだけでも心が凍る。
    五万人がいまだ帰還できていないのには、原発事故発生源の東京電力の責任が大きいのは間違いない。危険物を使って利益を上げようとして、人命や環境ばかりが、精神的にも大きなダメージを与えたのなら、その事業はやめるべきだ。電力は他の方法でいくらでもつくれるからだ。
    国民の生活と人命を守るのが、政府の最大の任務だ。電力会社と結託して、人命と人権を危うくするのは憲法違反だ。
    「過ちを改めるのに憚るなかれ」。東電の経営者が自分たちの罪と責任の大きさに恐懼したなら、率先、脱原発に踏み切るはずだ。それが罪の償いであり、謝罪だと思う。」
    posted by: hadojuku | - | 11:01 | comments(0) | - | - | - |