Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
壮大なゼロ政治
0
    沖縄問題、防衛費、核燃料・・・・。問題ありの安部政権へ。その通りだと思います。ルポライターの鎌田慧氏から。
    「結局、安部首相は沖縄へ出かけなかった。衆議院補欠選挙で、維新に敗北した大阪12区には、自公候補の応援に行ったが、辺野古米軍基地建設に対して抵抗運動の強い、名護市を含む沖縄3区へ出向いて「真摯に」選挙民を説得する勇気を示すことはなかった。
    辺野古基地建設を強行する安部内閣が推す候補は、翁長雄志知事、玉城デニー知事に連続敗北。今年二月の県民投票での「辺野古ノー」の民意に次いで、今回の選挙でも完全敗北となった。これだけの反対を受けても政策を変えないのは、判断できない「病膏こうに入る」の状態、もしくは独自に意思決定はできない従属状態、あるいはその複合体、としか考えられない。
    安部内閣は、「世界一危険な」普天間米軍海兵隊飛行場をこのまま認めるか、その代わりに辺野古に新基地を建設させるのかと沖縄県民に詰めよっている。しかし、敵陣に突進する海兵隊を太平洋地域に展開するのは今どき戦略的価値はないというのが1990年代海兵隊本部の結論のはずだ。
    危機を煽って政治を進めるのは独裁者のやり方だ。総工費二兆五千五百億円以上。それだけかけても完成するかどうかわからない。ドブにカネを捨てる。珊瑚の海をドブにする罪深い工事だ。戦時中の戦艦大和、戦後の原子力船「むつ」。「もんじゅ」、六ヶ所の核再処理工場。それと並ぶ天下の愚挙だ。」
    posted by: hadojuku | - | 08:27 | comments(0) | - | - | - |