Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
幼児教育無償化の愚
0
    安部政策は頭を傾げること多数。今日はその一つをご紹介します。現代教育行政研究会代表・前川喜平氏より。
    「安部首相は、消費税率引き上げの分の使い道を変更して、今年から三歳以上の子どもの保育料を一律に無償化する方針を打ち出した。実に愚かな政策だ。優先順位が完全に間違っている。
    教育は無償化とは本来、全員が無償で教育を受けられるようにすることだ。それは学習権を保証することであり、その大前提として全員に確実に教育機会が保障されていなければならない。ならば一律無償化よりも前に待機児童の解消を行わなければならないのは、理の当然というものだ。
    待機児童の解消のためには認可保育所の増設が必要だが、保育所不足の最大の原因は保育士不足であり、保育士不足の最大の原因は勤務条件の悪さだ。年間七千七百億円もの予算が使えるなら、まずは保育士と幼稚園教諭の改善に充てるべきなのだ。
    さらに問題なのは、保育料一律無償化が、格差を拡大する逆進的な政策ということだ。すでに全額免除されている低所得層には全く恩恵がない。より高所得の階層に恩恵が生じるだけだ。当面は保育料減免の対象者の拡大にとどめるべきだ。
    「少子高齢化の克服」「一気に無償化」「人づくり革命」など威勢のいい言葉で飾られた政策だが、この幼児教育無償化は逆進的な税制で逆進的な政策を行い、格差を拡大して財政を悪化させるだけなのである。」
    posted by: hadojuku | - | 05:29 | comments(0) | - | - | - |