Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
映画「新聞記者」
0
    6月28日から新宿ピカデリー、イオンシネマ等で上映される「新聞記者」。原案は東京新聞記者の望月衣塑子さん。私は望月記者著書の「新聞記者」を読んだり、講演会にも出かけましたが、心を奪われました。今の政治の歪みを現場の新聞記者の立場から、するどく切り込んでいます。是非観にいこうと思っていたところ、前川喜平氏のコラムが東京新聞に掲載されていたのでシェアします。

    「6月28日に全国で公開される映画「新聞記者」。原案は東京新聞社会部記者望月衣塑子さんの同名の本。現政権に真っ向挑戦する映画だ。
    筋書きの中心は、国家戦略特区で首相の友人の企業が運営する国立民営大学を新設しようとする動き。加計学園問題によく似た設定だ。そこには深い闇が隠されている。その計画文書が、ある日匿名で「東京新聞」にファックスされてくる。事件を追い始める女性記者を、韓国人女優シム・ウンギョンが演じている。社内の場面は実際に東京新聞で撮影されたそうだ。
    映画の中には、現政権下で実際に起きた事件を想起させる逸話も盛り込ませている。女性野党議員との関係をスキャンダル化され、某大手新聞に載せられる文科省の局長(なぜか僕に似ている)。女性ジャーナリストによる姓被害の告発を、野党と結託したハニートラップ事件に仕立て上げようとする陰謀など。
    組織と良心とのはざまで苦しみ追い詰められ、ついに自殺する官僚の姿は、森友学園問題で自ら命を絶った財務省職員を思い出させる。
    様々な陰謀を繰っているのは、内閣情報調査室、内調だ。内調の一員でありながら事件を追う女性記者に協力する若手官僚は松坂桃李が演じる。よくぞこの役を引き受けたものだと感服する。
    劇中座談会には僕もちょっとだけ出ている。」
    posted by: hadojuku | - | 05:25 | comments(0) | - | - | - |