Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ガリ版印刷
0
    私が小学校の頃は、印刷というとガリ版印刷でした。鉄筆であのセロハン用紙みたいな薄い紙に書いていくのです。下には厚くて固い碁盤の目のようなものが書いてあるものを敷きます。
    学級新聞を作る時よく書いていたのを最近フッと思い出しました。それは、パソコンでワードをうっていた時です。今は字の形から大きさ、太さまで自由自在、カットやラインあらゆる種類があり、慣れた人ならわずかな時間でプロ並みのポスターやチラシなどを作れます。そしてプリンターでアッという間に印刷。便利、便利!
    鉄筆で原案を書いた後の印刷が、これまた大変!インクをつけたローラーで一枚一枚刷っていくのです。時には手がベタベタになったり顔や服にくっつくこともあり、長い時間をかけて学級新聞を作っていました。もちろんカラーなんてありません。紙もザラ紙に近いようなものでした。あー、懐かしい・・・・。
    その頃は、ちっとも不便とは思わず、毎月新聞係の仕事を友だちと必死で、それでも楽しみながら作っていました。
    今は本当に便利な世の中になりました。スマフォやパソコンはなくてはならないものになり、カード一つで買い物から電車、バスにも乗れ、ネットでの買い物も当たり前です。あの頃は不便と思わなかったことが、今では不便極まりない!それだけ世の中進歩(?)してきたのです。ただ、おおいにリスクもあります。電磁波や地球環境を考えると、何が大事で何を守らなければならないかをもう一度考える必要があります。便利さと豊かさは違います。便利さばかりを追及してきた今の地球はどうですか?
    ガリ版印刷をフッと思い出したのには意味があったのです。
    地球温暖化をふくめ、核や電磁波等々を振り返って、今の生活と昔の生活で、どちらが地球に優しいかを考えてみましょう。
    posted by: hadojuku | - | 19:15 | comments(0) | - | - | - |