Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
梅雨に思う
0
    毎日ジメジメした日が続いています。梅雨というとあまり良いイメージがないようです。洗濯物が乾かない、カビがはえやすい、鬱陶しい・・・・。毎日曇り、雨ばかりだと、やはり太陽が恋しくなります。
    先日、新聞を読んでいたら中学生の投書がのっていました。彼女はまだ14歳というのに、梅雨についてとても前向きな考えをもっていて驚きました。雨の日じゃないと長靴やレインコートのおしゃれができない、雨のあたった葉っぱは輝いている、雨上がりの空がとてもきれい・・・・。すごいなぁ。こんな風に梅雨を感じていたなんて。人間は勝手なもので雨が降らないと文句を言い、雨が降っても文句を言う。とらえ方ひとつでこんなに変わるんだ・・・・。
    確かに豪雨にみまわれた地域は大変な思いをされているでしょう。犠牲になられた方方々には心からお悔やみ申し上げます。しかし、みんな自然のなせること。人間は大自然を征服できないし、恨んでも悔やんでも、どうしようもないことも起きるのです。
    雨が降らないように祈りたい気持ちもわかります。そんな時、少しでもいいから大自然の恵みを有り難く思い、梅雨もいいなぁなんて思う余裕がほしいものです。
    私も安いビニール傘ばかりでなく、たまにはお洒落な傘や素敵なレインコートでも着てみましょう。しばらく着ていなかったレインコートも喜ぶことでしょう。梅雨のとらえかた、考え方を中学生の投書から教えてもらいました。なんか気持ちが軽くなりました。
    「雨、雨降れ降れ、かあさんが、蛇の目でお迎え嬉しいな。」こんな歌もありましたね。
    posted by: hadojuku | - | 10:41 | comments(0) | - | - | - |