Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
教育による平和の実現
0
    教育勅語が復活しそうな雰囲気がなきにしもあらず。私は危険だと思います。
    さて、たびたび登場する前川喜平氏のコラムをシェアします。
    「1947年制定の教育基本法(2006年改正の前)の全文。「われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の現実は、根本において教育の力にまつべきものである」
    45年に採用された国連教育科学文化機関(ユネスコ)憲章の前文。「戦争は人の心の中でうまれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」「平和は、失われないためには、人類の知的及び精神的連帯の上に築かなければならない」
    ここには、教育によって平和を実現しようとする理想が表明されている。こうした理想主義に対しては、「現実主義」の政治家や学者からこんな声が聞こえてきそうだ。「教育や知的連帯で平和が実現できるなんて、能天気な理想主義だ。現実はそんな甘いもんじゃない」「軍備を増強し抑止力を高めることによってしか平和は維持できない。まずは世界で一番強い国との軍事同盟を強化することだ」
    しかし僕は言いたい。教育に平和を託して何が悪い。どうしたら二度と悲惨な戦争を起こさないようにできるか、人々は真剣に考えた。その答えが教育基本法やユネスコ憲章だったのだ。理想主義で何が悪い。理想を持たない者に進歩はない。」
    posted by: hadojuku | - | 08:29 | comments(0) | - | - | - |