Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
萩生田氏と教育勅語
0
    教育勅語とは、明治時代(1890年)に明治天皇が直接国民に発した、道徳の根本、教育の基本理念を教え、諭す言葉です。
    私は教育勅語の一部は危険な教えだと思っています。
    それは勅語の最後に「国のためにすべてを捨てて・・・・」があるからです。それで国民は国のためにすべてを捨てて戦争にいった。国のためではない、自分のために生きて下さい。
    前川喜平氏のコラムから。
    「萩生田光一文科大臣は議員会館の事務所に教育勅語の掛け軸を掛けていた。就任後の記者会見では「教育勅語は日本国憲法及び教育基本法の制定をもって法制上の効力は喪失した」としつつ「その内容について政府としてコメントするのは差し控える」と述べた。
    勅語は「天皇の言葉」のことだから、もともと「法制上の効力」はない。1948年に衆参両院はそれぞれ教育勅語の排除と失効確認を決議したが、これらは教育勅語の法制上の効力ではなく、その教育理念を否定したのだ。衆議院は「主権在君」「神話的国体観」に基づくとして「その指導原理的性格を認めない」と宣言。参議院は「わが国家及びわが民族を中心とする教育の誤りを徹底的に払拭」した教育基本法により失効したと決議した。
    萩生田氏は「政府」として教育勅語の教育理念を否定しなかっただけでなく、「個人」としては「親孝行」などが「日々の暮らしの中で参考になる」と肯定的な評価をした。教育勅語には「父母ニ考ニ」や「夫婦相和シ」など一見普遍的な徳目が書かれているが、それらはすべて「皇祖皇崇」即ち「天皇の先祖」が定めた道徳であり、「以て天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」即ち「永遠の皇室の運命を支えること」を究極の目的とする。どこかどう「参考になる」というのだ?」
    posted by: hadojuku | - | 05:31 | comments(0) | - | - | - |