Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
無知と怠慢の果て
0
    ちょっと前に大阪なおみ選手の色の黒さを題材にした漫才が問題になりました。時々お笑いで差別発言があるのは気になっていましたが、私はバラエティー番組が好きではないし、またバカなこと言ってるなぁと横目で見ているだけなのでした。しかし、差別発言に対してこんな考えをもっている方がいます。ご紹介します。ジャーナリストの北丸雄二さんのコラムから。
    「人口の37%を外国出身者が占めるニューヨーク市は九月末、「国へ帰れ!」などの出身地差別をした者へ最高25万ドル(2700万円)という巨額の罰金を科すことにしました。トランプ大統領になってから彼に後押しされるようにこの種の差別・増悪事件が増え、こうした発言は差別の歴史を知った上での、確信犯のレベルだと判断されるからです。
    一方、日本での差別発言があるたびに言われるのが「差別の意図はなかった」という言い訳です。
    先月、テニスの「大阪なおみ選手に必要なもの」として、「漂白剤。あの人、日焼けしすぎやろ」という漫才がネットで炎上しました。さらに「猿とエッチしたらエイズになるわ」「黒人が触ったもの座れるか!」などの漫才も批判の的にー。
    すると案の定、「黒人差別は日本では最近じゃない」「日本人には差別の感覚がない」からこれからは「本物の差別ではなく無知から生じた発言なのだ」という擁護論が出ました。大阪選手は1月にもCMイラストで肌を白く描かれたのが人種差別と指摘されたばかりです。日本人は一体いつになったら「無知」じゃなくなるのでしょう?
    無知のままで赦されるのは子供だけ。大人の無知はすでに罪です。ましてその罪を言い訳にするのは怠慢も加えた二重の罪の告白です。まずはそれを肝に銘じましょう。」
    posted by: hadojuku | - | 09:01 | comments(0) | - | - | - |