Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
本当にそう思います
0
    災害と防衛はどちらが先決?以前ブログに書きましたが、これからますます増える災害を日本国はどう考えているのでしょうか?被害額は計り知れないものです。文藝評論家の斎藤美奈子さんも同じ考えです。
    「大勢の人の命がいっぺんに奪われ、生活が破壊される事態といえば、戦争と自然災害だ。
    戦後70数年、ひとまず日本は(国内での)戦争は経験しないできた。その一方でこの国は、ほぼ毎年、なんらかの大災害に遭遇している。2011年の東日本大震災以降だけでも、激甚災害に指定された災害は30件近い。その大部分は梅雨前線や台風による暴風雨や豪雨である。
    国の最大の責務が「国民の生命と財産を守ること」であるなら、国防以上に防災、他国からの攻撃よりも南の海から列島めがけてやってくる台風への備えが重要なはずである。しかるに予算配分はどうか。19年度の防衛予算は過去最高の5兆2600億円。防災・減災・国土強靭化対策を含む防災関係予算は1兆3500億円、前年度の補正予算をあわせても2兆4000億円だ。これ、逆じゃありません?
    9月の台風15号に続いて東日本一帯を直撃した台風19号は「想定外の」「今まで経験したことのない」といった形容がもう通用しないことを示した。戦争は外交努力で回避もできるが、自然災害は避けられない。災害大国であることを思えば、防衛省を防災省に、自衛隊を災害救助中心の隊に再編したっていいくらいである。国際貢献も災害支援に特化させれば、それが最大の安全保障になるのに。」
    posted by: hadojuku | - | 07:53 | comments(0) | - | - | - |