Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
台風は忘れる前にやってくる
0
    一昨日、防災と防衛についての斎藤美奈子さんの考えを紹介しましたご、今日はこの人、青山学院大学長の三木義一氏の意見を紹介します。やはり同じことを考えているのですね。

    「昨日の斎藤さんの本コラム(本音のコラム)での指摘はその通りで、すばらしい。私もほぼ同じ趣旨のすばらしい原稿を書いていたので、私の頭の中の堤防が決壊し、私の原稿も水浸しになり、使えなくなった。しかし、めげてはいられない。少し論点を加えておきたい。
    台風による千葉の停電が完全に回復しないうちに、今度は多数の河川の決壊などで、70名以上の方が犠牲になっている。千葉の停電の長期化の背景には送電施設の老朽化、送電施設へのメンテナンス費用等の削減、さらには山林の荒廃があった。防災のためにはこのような地味な保全措置が必要不可欠なのだが、なかなか目に見えない。
    安倍首相は、自民党総裁戦で石破氏の主張した防災省構想を否定し、国土強靭化政策を主張してきた。国土を強靭にし、台風被害を予防しているものだと思ってきた。
    え〜〜!思わず目を疑った。年度別防災関係予算額の推移を見ると、災害予防のための国土保全費がピーク時(平成10年度)の、なんと30分の1ほどに激減している。さまざまな制度変動が連動しているので、単純にこの数字だけでは即断できないが、防災予防の削減によって庶民の被災が広がっていないか、不安になる。
    安倍政権のいう「国土強靭化」が「国土凶刃化」ではないことを願うのみである。」
    posted by: hadojuku | - | 07:05 | comments(0) | - | - | - |