Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ONE TEAM
0
    日本ラグビーは、ワールドカップですばらしい成績を収めました。今年の流行語大賞の候補は「ONE TEAM」です。
    ひとつになって心を合わせる、これは簡単にはできません。地獄のトレーニングを積み重ね、一人一人の判断力が合わさった時、ONE TEAMが生まれたのです。
    そこで、私はフッと思ったことがあります。“合わせる”ことの意味です。軍隊は一糸乱れず行進など合わせます。また新体操、シンクロなどのスポーツもピッタリ合わせます。これは高得点を得るための技。目的がハッキリしています。民間などでやっている朝礼などでも、揃えることに価値を見いだしているところがあります。揃えることは悪いことではありませんが、目的や意味がハッキリしているのかしら?ピタリと息の合った朝礼。皆で揃え、前に出てはいけない、横の動きが大事。何しろ目上の言うことは絶対!これって確かに動作は合わせていても心は合わせているのでしょうか?一人一人の判断で動くのは何も動作ではない、心です。心を合わせる、だからONE TEAMなのです。指先までピタリと合わせることに私は意味を見いだせません。スポーツではないのですから。いつも合わせる朝礼をしていても普段合わせられない人を私は沢山知っています。そして各自の判断力がないことも。ピタリと合わせるのは目的をもったものがある時、そしてそれには価値観や意義をよく理解した上でのことで、ただただ合わせることだけに専念しているのを見るとなんだろうなぁと思ってしまいます。
    ラグビーチームは勝ちたかった!日本にラグビーをもっと普及したかったから。そして自分たちにも出来ることを信じてただひたすらに厳しい練習をやり続けたからこそONE TEAMができたのです。日本中に勇気を与えてくれたラグビーチームのONE TEAM。それはすぐには出来ない、信念と気力があったからこそ。だから多くの人を感動させ、心に入ったのです。
    合わせることは簡単にはできまない、だけど出来上がった時は本物なのです。
    posted by: hadojuku | - | 10:26 | comments(0) | - | - | - |