Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アナログとデジタル
0
    今朝の「テレビ寺子屋」(フジテレビ朝5時から)は俳優の渡辺徹さんでした。俳優として、舞台やテレビにもデジタル化がすすんでいますが、やはり生(なま)、生の舞台に人が惹き付けられる理由はあるのだということを話されていました。
    今や受付嬢はロボットという会社もあります。あらゆる分野でAIがすすんでいます。それはそれで必要なことです。が、芸術には心があり、感情がないとできません。想像力、創作力はその時その時の状況に左右されますから、同じように作り出す機械には無理なのです。だから舞台でもライブでもお客さんとのかねあい、関係からつくり出されるのです。そして大切なのは目、顔の表情、交流です。これはAIにはできない。やはり心なのです。
    デジタルを否定するのではなく、残していくもの、受け継がれていくものとデジタル化の共存が大切です。
    そのうちロボットが演じるようになるのかしら?いや、いや、それはないでしょう。やはり芸術も舞台も愛から生まれるからです。そして、それを演じるアーティストの心境、思い、感情などがすべて集約されるものだから・・・。だから同じ人でもその時その時で同じものはできないのです。それが人間のつくり出したものであり、芸術なのです。
    posted by: hadojuku | - | 10:06 | comments(0) | - | - | - |