Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
9月入学より学校再開を
0
    学校が閉鎖され、長い間学校に行けない児童、生徒のために九月入学案がでています。
    わからないこともないけど、やっぱりわからないなぁ。何のために閉鎖しているか考えて下さい。今は一日も早い学校再開でしょう。 九月入学になると、いろいろな手続きがあり、簡単にはいきません。社会との関係もあります。愛媛県の中村知事は、今、やるべきことでない。まずはコロナ対策を、と述べましたがまさにその通りだと思います。
    現代教育行政研究会代表の前川喜平氏のコラムから。
    「一部の知事や野党が提案した九月入学。安倍首相も前のめりだ。秋季入学の利点は明らかだが、そんなに簡単な話ではない。新型コロナの中で議論すべき話でもない。
    今の小中学生全員を九月入学制に移すと、義務教育年齢が五ヶ月上がる。小学一年の四割は七歳入学、中学三年の四割は十六歳卒業になる。
    年長組の四割は九月までに六歳になる。この子たちも九月に入学させると、同じ学年の中で十七ヵ月の月齢差が生じる。
    財政的には、小中学校で一時的に児童生徒が増える分、教員や教室が必要になる。大学では移行時に学生納付金の減収が生じる。他にも諸課題があるが、何より不可欠なのは国民の支持だ。
    1987年の臨時教育審議会の秋季入学提言以来、文部科学省には議論の蓄積がある。課題は検討し尽くしてある。それを国民と政治家に説明するのは官僚の仕事だ。
    今の高校三年生の不安に応えるためには大学の秋季入学枠の拡大、共通テストの七月実施、高校在学期間の延長などを検討すべきだろう。
    子どもには「今」が大切だ。これ以上の学びの空白は許されない。考えるべきは学校の再開だ。やむなく休校を続ける場合も、文科省が示した分散登校やオンライン教育など最大限の学習保障の措置を取るべきだ。無責任な九月入学論に付き合っている暇はない。」
    posted by: hadojuku | - | 02:23 | comments(0) | - | - | - |