Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
依怙ノミックス
0
    政府のやり方に不満をもちながら、しかし一方では自粛をしてほしいとの声が大多数です。自粛をすると経済破綻がおき、コロナより、自殺者の方がはるかに多くなってしまいます。コロナでは高齢者がなくなっています。働き盛りの人は亡くなっていないのですよ。旅行会社、病院、中小企業・・・・大変な産業が沢山あります。政府の政策はもはや当てにならない。日本経済の行方は?
    ジャーナリストの北丸雄二さんの依怙ノミックスを読んでみて下さい。
    「「Go To」キャンペーンという、英語としてもなんとも珍妙な命名の政策は、旅行業界の逼迫した窮状を考えればわからないこともありません。このまま放置していればコロナ鎮静後には修学旅行など大型行事を差配できる代理店は多く破綻しているでしょうし、観光バスだって切り売りされて消えているかも。
    しかし悲惨は「客」相手の全ての業種で同様なのです。ここで特に観光振興策に1、35兆円もの予算を注ぎ込むのはやはり、全国旅行業協会の会長がずっと昔から自民党の二階俊博幹事長だからなんでしょうかね。
    1、35兆円といえば巨額に聞こえますが、観光庁の雇用効果で見ると同業界従事者は440万人。一人当たりで言えば約30万円で、これは単に刺激策。それに応えて私たちがその数倍のお金を落とさない限り、業界には"焼け石に呼び水"です。
    でも全ての客商売が瀕死の状態なのです。加えて医療従事者たちの過労と困窮、追い打ちをかける豪雨洪水被害。私はいろんなところを支援したい。なのに政治がそこに依怙贔屓(えこひいき)を差し挟む。一方でコロナ対策は指針も検査基準も曖昧で国民任せの自己責任。介入すべき対象が支離滅裂です。
    依怙贔屓なしの景気刺激は消費減税以外ないと思います。カネの落とし方は自分で決めたい。そのくらいの知恵はあります。」
    posted by: hadojuku | - | 03:27 | comments(0) | - | - | - |