Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
私が育った家
0
    私が育った家は中央線武蔵境の駅から徒歩で5分もかからない所にあります。当時は瓦じきで、いわゆる日本家屋でした。
    部屋の間取りは広く、一階が10畳10畳6畳4.5畳その他ダイニングキッチン、風呂、トイレ二ヶ所がありました。そして廊下があり廊下の壁一面は本棚でした。天井まである長い本棚で、子どもの頃はよじ登って遊んでいました(笑)。
    そして広い縁側がありました。廊下とちがってけっこう広く、そこは日当たりもよく、日中の多くの時間はそこで過ごしていました。今、建て売り住宅では縁側のある家はほとんどありませんから縁側の良さを知る人は少なくなったことでしょう。あの縁側で過ごす快適さをあの頃はわからなかったのですが、今思えばなんて幸せだったことでしょう。縁側からは庭が見渡せ、そんなに広い庭ではありませんでしたが、池があり魚もいました。そして庭にも書庫がありました。
    古いけれど贅沢な家でした。お客さんが多かったので客間、いわゆる座敷はいつも整然とし、床の間には掛け軸が飾ってありました。居間には掘りごたつがあり、幼かった頃は炭だったんですよ。朝になるとおばあちゃんが頭だけもぐって炭で火をおこしていました。
    そして火鉢、ここにも炭で火をおこし、お湯を沸かしお茶を飲んでいました。不便だったかもしれないけどあの頃の生活が懐かしく、また戻りたいと思います。さすがにお風呂はガスだったけど、水漏れがあり、父がよく直していました。そうそう浴室の壁にはゴツゴツした大きな岩が一面にあり、触ると怪我をしたものです。
    広かったからかくれんぼもよくしました。幼稚園の頃から朝の雑巾がけは日課でした。私は幼稚園の頃から膝が黒かったです(笑)。それでもこれが当たり前の生活で、母の子どもの頃に比べればどれほど楽だったか!洗濯機、冷蔵庫、テレビはありましたから・・・。
    今は建て直して近代風になりましたが、私は古いうちからお嫁にいったのでよく覚えています。
    家族が多かったけど、なんて幸せな日々。そして素敵な家!長い廊下と広い縁側。今でもあの家屋とそこで過ごした日々が思い浮かんできます。
    贅沢で幸せだったあの頃。両親や祖母に囲まれた暖かい家庭に感謝の気持ちでいっぱいになります。
    それぞれみんなに歴史があります。どこに住んでいようと、思い出すと感謝に溢れることが一番の幸せです。
    今、家族そして私が育った家に感謝の気持ちが溢れています。
    posted by: hadojuku | - | 02:41 | comments(0) | - | - | - |
    子どものマスクの危険性
    0
      うちの近くの幼稚園は決まりなんでしょうか。バスを待つ園児たちは全員マスクをしています。決まりだから?もちろん親もしていますが、自分の判断能力がない子どもたちはかわいそう、というより危険です。公園でもマスクをしながら遊んでいる子ども達を見るとぞっとします。親から言われているのでしょうか?お父さん、お母さん、しっかり学びましょう。大人の責任です。大人でも健康によくないマスクは子どもにはなおさらです。子どものいるうちに教えて下さい。

      https://www.facebook.com/100016319102956/posts/747348822485748/?sfnsn=mo
      posted by: hadojuku | - | 04:16 | comments(0) | - | - | - |
      ペテンか無知か
      0
        印象操作は政治ではよくやる手です。政治だけでなくNHKもしょっちゅうやってます。世論調査もペテン、得票数も操作されていることは知る人ぞ知ることです。
        さて、ここでも印象が・・・。青学大名誉教授の三木義一氏も怒っています。
        「フジテレビの番組「THE PRIME」で視聴者投票をしたら88%が「軍事科学研究」を「推進すべきだ」と結果がでたという。番組で「自衛隊の研究は日本の国に必要じゃないか」と強調していた橋下氏がこの結果を評価し、国民は現実的だ、とまとめていた。
        なに、これ?
        まず、設問自体が「世界におくれをとるとされる軍事研究」を推進すべきか、と言う誘導設問であり、しかも、橋下氏が「軍事科学研究」を「自衛権研究」という口当たりの良い言葉にすりかえている。自衛すること自体は何人にも保障されるものだし、日本学術会議が慎重であるべきだとしているのは「軍事的な手段による国家の安全保障にかかわる研究」である。そういう研究より、自由な研究の方が優れた研究成果をより多く生み出すし、それを自衛のために応用することもできるし、何よりも社会の発展につながるのだ。
        これに対して、明確な軍事目的の研究は軍事関係者の指揮管理下に入り、優れた研究成果を出せば出すほど、軍事機密になるので発表できず、しかも科学者の意図を離れて攻撃目的に変質し、耐えがたいものになる。88%もの人が大学研究者にこんな研究を求めているのか?こういう軍事研究の特質を伏せて「平和のための自衛研究」を背景にアンケートを採るテレビの見識が問われる。」
        posted by: hadojuku | - | 03:41 | comments(0) | - | - | - |
        子どもの興味
        0
          私の一番の癒しの時間は幼い孫達と過ごす時です。特に四歳の孫は週に二回は泊まりに来ます。私は息子三人なので女の子を育てた経験がありません。息子と同じ四歳の孫も男の子で、やることが息子とよく似ています。男の子ってみんなそうなのかしら・・・・。
          まずは車が好きですね。走っている車は遠くからでも「あれはトヨタのアクアだ!プリウスだ!ボクシーだ!」「あれはホンダのミニボックス」「ダイハツ」「スズキ」と次から次に言い当てます。だから孫の遊び場でお気に入りなのは駐車場です。この間、駐車場の車を片っ端から言い当てているのを通りすがりのおばさんが「この子すごいわね〜!」と誉めてくれました(笑)。だからおもちゃ箱は車でいっぱい!大から小までいろいろ。ダンプカーからキャリアカー、キャンピングカーから佐川急便、カレー屋さんの車まであるわ、あるわ(笑)!お人形遊びとか折り紙はほとんど興味なし。ただ、ただ、車を並べて遊んでいます。
          こんなに自分のやりたいことを熱中して遊べるのは今だけ!うんと遊びなさい!いろんなことができなくても一つ集中して遊べればいいよ!
          そのうち子どもの興味は変わってきます。その時、その時に一生懸命になって楽しむことができる人生っていいな。
          大人になったら今の仕事を極めるところまで働けたら、それはいい人生。好きで一生懸命やれて、楽しいことがもてたら本当に素晴らしい人生!
          なかなかそうもいかないけど、私は波動塾で自分の人間的成長、技術的成長を目指しながら、子どもと同じように純粋にそれを楽しみたいと思うのです。
          posted by: hadojuku | - | 05:11 | comments(0) | - | - | - |
          5Gのアピール
          0
            昨日の夜7時のNHKのニュースで5Gのことをやっていました。高速、大容量で今の4Gの10倍の速さでダウンロードできる、遠隔医療ができると良いことばかり放送していました。若者が飛び付くような内容です。ただ、今は5Gが使えるエリアが限られているので、早く広げることに総務省も力を入れていると言っていました。当然のことながら5Gのリスクは言いません。時代の流れと言えばそれまでですが、5Gの怖さも放送すべきです。マスゴミはいつも一方的な放送しかしませんから、情報を集めてしっかりした判断をしましょう。

            https://www.facebook.com/100000931503357/posts/4557800847594254/?sfnsn=mo
            posted by: hadojuku | - | 07:37 | comments(0) | - | - | - |
            種苗法
            0
              昨日に引き続き種苗法を書きます。深刻な問題です。さらに詳しくのせました。
              署名運動がおきています。一回めは締め切りましたが、引き続き署名をお願いします。

              「皆様に知っていただきたい大事なこと
              (日本豊受自然農ブログより)
              農林水産省「種苗法改正案について よくある質問(Q&A)」の矛盾を考える
              を一部紹介します。

              2020年秋の臨時国会で法案成立が検討されていますが、農林水産省が公開した種苗法改正案について よくある質問(Q&A)は素人が読んでも矛盾だらけです。

              どうしてここまでおかしな主張ができるか不思議ですが、今回の法改定の目的が、農林水産省の主張する国内の種苗開発業者保護、国内の農家保護推進とは全く別な思惑から計画されていると考えるととてもつじつまが合います。

              種苗法改定案では8000種以上の登録品種で一律農家の自家採取が禁止され国内農業に多大な影響を与えます。さらに国民の食の安全、ひいては日本の食糧安全保障にも関わる大事な問題です。
              農林水産省のQ&Aを手がかりに、皆さんとともにこの問題を考えていきたいと提案します。

              Q1.なぜ種苗法を改正するのですか?
              農林水産省回答とそれに対する日本豊受自然農見解を一部掲載します。

              【以下農林水産省回答】
              「農業者の皆様に、優良な品種を持続的に利用してもらうためです。
              日本で開発されたブドウやイチゴなどの優良品種が海外に流出し、第三国に輸出・産地化される事例があります。また、農業者が増殖したサクランボ品種が無断でオーストラリアの農家に譲渡され、産地化された事例もあります。このようなことにより、国内で品種開発が滞ることも懸念されるので、より実効的に新品種を保護する法改正が必要と考えています。」

              【以下 日本豊受自然農見解】
              「いいえ この主張には嘘があります。

               種苗法は国内法ですから海外には効力がありません。そのため、品種の海外流出を抑えるためには、海外品種登録しかありません。
              シャインマスカットがよく事例にだされますが、開発した農林省所轄の独立行政法人の農研機構が登録期間内に、海外品種登録をしなかったため、海外でも自由に品種栽培できるようになっています。
              いわば行政の怠慢です。

              また、山田正彦元農相が指摘しているように、2019年3月4日 農林省の品種法制度の概要から確認すると「登録されている品種を買ってもちろん自家増殖できるけれども、第三者に対する譲渡は禁止」と記載されています。
              すでに改正しなくても現行法で対応できるのでこれを理由に改定する必要があるのでしょうか。

              さらにサクランボ品種が無断でオーストラリアの農家に譲渡された、これは「紅秀峰」という品種のことだと思われますが、これは山形県、農家側の弁護士が現行の種苗法をもとにオーストラリアの領事館と交渉し有効に海外持ち出し後の対策が国境を越えて和解、問題解決がなさなれています。
              そのインタビューが今秋公開のドキュメンタリー映画「タネは誰のもの」に収録されています。」

              ▼続きはこちらからぜひお読みください
              https://toyouke.com/blog/15610.html」
              posted by: hadojuku | - | 05:19 | comments(0) | - | - | - |
              種苗法改正
              0
                種苗法を通す法案が活発になってきました。今年3月に問題になり、一時凍結しましたが、ここにきて再燃焼しています。日本の固定種を守らなければなりません。日本の種だから日本の風土にあったものがとれるのです。海外の種だと肥料も農薬も必要になります。今、種苗法反対運動がおきています。私が4月に書いたブログをもう一度のせますので、種苗法を考えて下さい。

                http://blog.hadojuku.com/?eid=1099703#gsc.tab=0
                posted by: hadojuku | - | 04:40 | comments(0) | - | - | - |
                ロボット化
                0
                  飲食店等で、ロボットや機械が食べ物を運ぶようになりました。食事を運ぶだけならいいけど、受付、注文、運ぶ、会計、すべて機械化されそうです、いや、回転寿司ではすでにそうなっているところもあります。
                  スーパーシティ法案が通りましたから、これからはもっと機械化、ロボット化、AI、デジタル化と進んでいくことでしょう。
                  料理の味付け、盛り付けもロボットの方がいいなんてことにもなりかねません。
                  大学病院は受付、会計がすでに機械化、順番も番号で掲示、医師はパソコンを見っぱなし、なんてことはとっくに起きています。
                  AIも必要ですが、お袋の味より機械の味に慣れてしまった子ども達には心配です。その家庭家庭の味があって当然ですが、お惣菜も機械の味か・・・・。
                  だからこそ、人とのふれ合いが大事なのに、握手、ハグは敬遠され、訳のわからないソーシャルディスタンスが日常的になり、機械化にさらに拍車をかけています。
                  私の職業である施術、ヒーリングも機械化される?いやいや、機械に負けない真心で接しますよ!皆さんが笑顔で帰って頂だけるように心を込めて!
                  どこまで進むデジタル化。その影には5G、6Gが控えているのを忘れないように。やがては管理されてしまいます。便利になる裏には取り返しのつかないリスクがあるんですよ。
                  posted by: hadojuku | - | 04:09 | comments(0) | - | - | - |
                  蓄音機
                  0
                    私が学生の頃はレコードが主流でした。お小遣いを貯めては好きなレコードを買い、夜中まで聴いていました。家に小さなレコードプレーヤーがあり、毎日のように大活躍でした。
                    その時聴いていたレコードは、今でも大切に保管してあり、といっても聴く機会がなくなりめったに日の目にでることはなくなりました。
                    さて、先日部屋を片付けていたら、フッとレコード目に入りました。今はCDやラジオが聴けるコンパクトな蓄音機に買い換えてあるので、久しぶりに電源を入れてみました。昔流行った歌謡曲を選び針をおとしました。あの針を落とす瞬間のちょっとした緊張感がよみがえりました。
                    そう、これこれ!学生時代の記憶が目の前に一気に広がり、片付けどころか次々に曲をかけ続けました。
                    少しノイズが入るところがまたいい!目の前でグルグル回るレコード盤が懐かしいさを煽ります。クラシックから洋楽、歌謡曲、ジャズと幅広く持っているので全部は到底聴けませんが、曲の楽しみと共に記憶がよみがえり、完全にタイムスリップしました。
                    あれから、ちょこちょこ蓄音機が登場して私の生活を豊かにしています。レコードですから古い曲ばかりですが、これがまたいやに新鮮で生活に潤いや癒し、活気も与えてくれます。
                    曲の記憶はビックリするほど鮮やかによみがえります。それがまた新鮮なのです。乙女の私、純粋だった私、可愛かった私・・・・?
                    時代の最先端もいいけど、レトロも素晴らしい!レコードを処分しなくて良かった!
                    今日も明日も聴くであろうレコードは、確実に今の生活を一段と豊かにしてくれています。音楽って素晴らしい!
                    posted by: hadojuku | - | 05:23 | comments(0) | - | - | - |
                    これ聞いて下さい
                    0
                      私は普段ノーマスクで消毒もしません。ハグ、握手バンバンやります。すべて免疫が上がるから。三密いいですね。みんなでワイワイ、ガヤガヤ盛り上がるから楽しい、感動する、感激する。だから免疫が上がる!国が言っていることは免疫が下がることばかり。
                      この動画、すぐに消されてしまう可能性があります。
                      見て下さい。https://www.facebook.com/groups/708217920033753/permalink/769350717253806/?sfnsn=mo
                      posted by: hadojuku | - | 06:38 | comments(0) | - | - | - |