Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ピタゴラスイッチ
0
    3歳の孫とEテレの子ども番組をよく見るのですが、その中の一つに「ピタゴラスイッチ」という短い短い番組があります。1〜2分で終わってしまうのですが、これがとてもおもしろいのです。小さなボールをコロコロ転がしていくのですが、テコを利用したり、ドミノで倒していったりとかしてボールの旅が続きます。
    見ていて吸い込まれます。番組ですからスタートからゴールまで、とめどもなくボールが転がりますが、たぶんこのボールがうまく流れていく過程は相当の難問、難関があっただろうと想像できます。昨日は初めて特集を見ましたが153回失敗したそうです。 ボールが横に反れたり、回転するはずの瓶が途中で止まってしまったり・・・。感動しました。沢山の失敗を重ね、たかだか1〜2分の番組といえども、そこにどれだくの知恵が結集されていることか・・・。
    科学ってこうしたことの積み重ねなんだ、あとは想像力、失敗を恐れず、自分の興味、関心が尽きるまで続ける努力!沢山の勇気とやる気と根性をもらえます。子ども番組、短い番組と侮らず是非見て下さい。
    その裏にどれだけの努力の積み重ねがあるかと考えればすごい番組なのです。
    posted by: hadojuku | - | 07:45 | comments(0) | - | - | - |
    波動塾が綺麗になりました!
    0
      今年に入って波動塾の駐車場を広げました。少し畑を削って駐車場を広げたのですが、スッキリ!花壇も整えてくれました。くれました、というのは私の意思は全くなかったのですが、善意ある方々がやって下さったのです。しかも無償で・・・。
      さらに正面玄関の手すりを取り払い階段をつけ、今までスロープで上がっていたところ、正面からも入れるようにしてくれました。また両側には柱をつけ格好良くなりました。すべて善意です。波動塾には人が集まるからもっと整えようということらしいのですが、私に全くそういう考えがなかったので、驚くとともに感謝、感謝です。
      そして明後日には寺山心一翁先生の会が開かれます。綺麗になった波動塾で皆様をお迎え出来ることが嬉しく、ますます張り切っちゃいます!
      波動塾の人達は心ある方が多く、私は今までどれほど癒されたことか・・・。
      さらに勉強して、私自身のスキルアップをはかっていこうと思います。14年間皆様に支えられ、ここまできました。本当に感謝です。
      posted by: hadojuku | - | 08:08 | comments(0) | - | - | - |
      ネギ鰹
      0
        一週間ぐらい前、私が風邪で調子が悪かった話を聞いて、Tさんが持ってきてくれたのがなんとこれ!食欲がないと言っていたので、これなら元気でるよ、と長ネギのみじん切りに鰹節、醤油とえごま油を入れたものでした。かなりの量です。こんなに沢山ネギをみじん切りにするのは大変だっただろうに・・・。Tさんの暖かい気持ちが伝わりホロっときました。
        早速食べてみたら、ネギの臭みと鰹節がピッタリ!何とも食欲をそそります。そのままでもご飯にかけても、味噌汁に入れても、湯豆腐の薬味に、納豆にも合います。何にでも合う万能食です。何でも子どもの頃、風邪をひくとお母さんが作ってくれたそうで、昔風の風邪薬ですね。頂いてから毎日食べていますが、もう半分位になってしまいました。Tさんのような細かいみじん切りはできないけど、私も作ろう!
        素朴な昔からの風邪引き食品に深く感動しただけでなく、沢山作って持ってきてくれたTさんの真心でいっぺんに元気になりました。薬より真心ですね!
        posted by: hadojuku | - | 07:47 | comments(0) | - | - | - |
        手作りマスク
        0
          マスクの品切れが続いています。まだまだ衰えない新型コロナウイルス、そして花粉症、インフルエンザとマスクの需要は増すばかりです。
          私も少しはストックがあるので心配はしていませんが、いざとなったら自家製マスクで乗りきろうと思っています。だって私達が子どものころは、みんなガーゼのマスクで、使い捨てはなかったんですから、またあれに戻ればいいわけです。ガーゼを重ねたり、麻で作ったりと、もともと簡単ですから雑巾を縫うより早く出来るかも・・・。
          輪ゴムを通せば出来る簡単なものから、立体的なものまで私は持っています。立体的マスクの型紙もありますから必要な方には差し上げますよ。
          実は、この立体的マスクの型紙は13年以上前に鹿児島波動塾の薬局の方から頂いたものです。何かの役に立つかもしれないと、とっておいたのが今頃役に立つとは!本当にありがたいです。
          縫うところはそんなにないのでミシンもいらない!愛情たっぷりの手作りマスクを作って広めようと思っています。
          原点にもどり、手作りもまたひとしおでは・・・。
          posted by: hadojuku | - | 08:35 | comments(0) | - | - | - |
          まだ残る農薬被害
          0
            昨日は日本の農薬のことを書きましたが、ルポライターの鎌田慧氏も農薬被害に関してこのように述べています。
            「中学校への登校は、リンゴ畑の中を通り抜けるのが近道だった。リンゴ特有の低い樹木の間から、白い霧が這い出してくる。わたしたちは学生服の袖で口を覆い、顔を背け息を止めて駆け抜けた。噴霧器から流れでてくるのは、農薬のホリドール。子どもたちでも猛毒だと知っていた。
            その後ホリドールは生産中止。水俣病、亜硫酸ガス、アスベスト、そして原発。人間のいのちを犠牲にする大量生産方式は矛盾であり、食べ物をつくる農薬の害毒は、根源的な矛盾である。
            青森県の太平洋岸。特産品「長芋」の畑作地帯に住む三浦堅作さん(69)はこの五年間、農薬クロルピクリンを国や県に訴え続けてきた。彼は寺院などの建築を専門にする一級建築士で、農家ではない。
            周りが一面の長芋畑でその生産をクロルピクリンが支えている。八年ほど前から、目の痛みやめまいが激しくなった。持ち前の研究熱心さから資料を渉猟し、戦時中、化学兵器として使用されていたクロルピクリンが原因と断定できた。「農薬曝露に起因する化学物質過敏症」。これが病名である。
            この農薬の使用は農業用ポリエチレンフィルムによる被覆が義務づけられているが「難透過性フィルム」でも、有毒性ガスの漏洩は防げない。「生産中止して他の方法を確立すべきだ」。三浦さんは勇気を奮って強く主張している。」
            posted by: hadojuku | - | 07:51 | comments(0) | - | - | - |